虫歯は何故なるのか

歯が痛くて歯医者にいくとまずは何をするのでしょうか。 他の診療科目の病院とは違って、歯医者はなじみが薄いという人も多いのではないでしょうか。 すぐに削られたらいやだなって思いますよね。 良心的な歯医者でしたら、すぐにそうなることはないので安心してください。

患者さんの声

虫歯は歯が溶けてしまって起こります。
多くの人の口の中にはミュータンス菌という虫歯の原因となる菌がいます。
この菌が糖を分解する時に酸を出します。
この酸が歯を溶かしてしまいます。

甘い物ばかり食べていると虫歯になるとよくいわれますが、糖分が多いものをたくさん食べたり、頻繁に食べたりするとミュータンス菌の餌がたくさんある状態になり、口の中が酸性になって、歯が溶けやすくなります。

口の中には唾液がありますよね。
食事の後に口の中が酸性になりますが、唾液によって中性になり、虫歯になりにくいように保つシステムがあります。
しかし、甘いものをたくさん食べたり、頻繁に食べたりしているとそのシステムが追い付かなくなります。
唾液にはこの他にも歯の再石灰化を促す働きもあります。

虫歯にならないためには、歯磨きをすることが大事というのがよくわかりますね。
しかし、食事後すぐに歯磨きができないこともありますよね。

また、体質によって虫歯になりやすい人もいます。
歯がもともと強度が低かったり、唾液があまり出なかったりする人もいます。

この他、歯並びも虫歯になりやすいかどうかが変わってきます。
それは歯磨きがしやすいかどうかということ以外にも、自浄作用がしやすいかどうかということも関係しています。
歯はいつも頬の粘膜や舌と触れ合っています。
それらがこすれる時に歯の汚れもとっているのです。
この自浄作用は歯並びがきれいな人ほど作用しやすいです。

こういった自衛の作用はあっても、要因が重なると虫歯になってしまいます。

治療が必要な所を発見!

患者さんから話を聞いてから検査を始めます。 どこが痛いのか、いつからなのか。 検査では患者さんの話を基にして、不具合になっている所を調べます。 検査が終わると治療の仕方について説明してくれます。 治療の方法について患者さんの合意が得られてから治療が始まります。

治療とメンテナンス

虫歯の治療にはいろんな方法があります。 虫歯の進行具合や場所によって、治療の時間やかかる費用は違ってきますが、事前の説明がしっかりあれば安心ですね。 一般的な治療方法にはどんなものがあるのでしょうか。 歯医者では治療の後のメンテナンスもしてくれます。

TOPへ戻る